みーもスクールが行われました(田井小学校)

 

平成301016日(火)雲南市立田井小学校にて「みーもスクール」が行われました。

 

 

「みーもスクール」とは、楽しみながら島根の森の現状や歴史を学ぶ学習に、食育も交えた授業を年に3回行っています。

 

なかなか手入れの行き届かない竹林、人工林、雑木林をテーマに児童が興味を持って学べる環境づくりと食育を合わせて行うことで、

楽しく森づくりの体験を学習してもらうことが目的です。

 

 

 

今回の授業のテーマは【竹】 

 

田井小学校の34年生、計6名の児童が「竹」について学び、竹を使った【バームクーヘン作り】に挑戦です!

講師の指導のもとバームクーヘンの生地を作り、竹に生地をつけ炭火で表面が狐色になるまで焼いていきます。

温まった生地は柔らかくなり下へ落ちてしまうので、児童のみなさんはスピーディーに回しながら焼いていました。

 

 

 

生地を焼くのを講師に任せ、児童の皆さんは授業へ。

 

授業では竹が増えすぎている事についてを取り上げ、増えた理由やどんな問題が起こっているのかを学びました。

 

 

 

授業の後はお待ちかねのおやつタイム!完成したバームクーヘンと、ちょっとクセのあるクロモジ茶をみんなで味わって食べました。

 

 

児童の皆さんたちは楽しく学習し、生まれ育った地域の山について興味をもって貰える機会になったようです。