要害山三沢城跡 山城祭が行われました

 

平成30527日(日)島根県奥出雲町三沢地区にて、

要害山三沢城跡保存会主催による要害山『山城祭り』が開催されました。

 

 

戦国時代に要害山に城を構えていた三沢氏を偲んで毎年行われており、

今年は地元の方など約80人の方が集まり賑やかに開催されました。

 

 

 

お祭りでは要害山三沢池前での水取り神事のあと、

地元の有志などが一斉に要害山『山城祭り』の会場である山頂(418.5m)へ向かいます。

 

なかでも地元、三沢小学校と三沢幼児園に通う子どもたちは手作りの甲冑を着て武者行列を披露し、

太鼓や法螺貝の音に合わせ元気に山頂を目指しました。

 

 

 

周囲の山々が見渡せる山頂では、出陣の際に行われた三献の儀を武者姿の子供たちが再現。

 

山の安全と地域の発展を祈願する神事も執り行われました。

 

 

 

また、要害山の麓にあるみざわの館ではお茶席が設えられ、特産である干し柿とともにお抹茶をふるまわれていました。

お祭りの参加者はお茶を一服頂きながら、里山の風景を楽しむという贅沢なひと時を過ごされたのではないでしょうか。

 

 

三沢地区の歴史を大切にされている事が感じられる素敵なお祭りでしたので、ぜひ今後も次の世代へ受け継いで頂きたいと思います。