寺領幼稚園がさくらおろち湖周辺へ遠足に訪れました

9月7日(木)、寺領幼稚園の園児19名がさくらおろち湖周辺へ遠足に訪れました。

 

9月1日~9月7日まで、水の縁推進事業として、市内外の保育園・幼稚園へ遠足誘致を行っています。

 

 

 

この日は、あいにくの雨模様。

 

楽しみにしていたランバイク体験ができず残念でしたが、雨の日プランの奥出雲多根自然博物館も楽しみにしていた

こども達は、学芸員の菅田さんの説明を聞いて、目で見て触って、とても楽しそうでした♪

 

尾原ダム見学では、ダムの高さクイズをされ近い答えを出す子も。

その後は雨の降る中のダム見学となってしまいましたが、お土産に頂いた尾原ダムカード、記念になったことでしょう♪

 

遠足誘致期間外ににはなりますが、ランバイク体験をどうしてもやりたい子供たちは、またさくらおろち湖に来てくれることを約束してくれました♪

 

 

水の縁推進事業として、この遠足の様子を描いた絵画を10月15日(日)に開催されるさくらおろち湖祭り2017へ

展示予定となっております。

ぜひ、こども達が描いた絵画・こども達が訪れたさくらおろち湖周辺へ足を運んでくださいね♪

 

 

【水の縁推進事業】

~斐伊川・神戸川流域における命の絆をつくります~

「水の縁」では結ばれた2つの河川が流れる流域全体によって、過疎・高齢化が進む上下流集落の維持・活性化を目指し、

雲南市・奥出雲町・飯南町では尾原ダム・さくらおろち湖、志津見ダム・志津見湖を積極的に様々な取り組みを行っています。