『100年先も誇れる森づくり』記念植樹が開催されました

3月6日(日)にさくらおろち湖ボート競技施設植樹帯にて記念植樹が開催されました。

この記念植樹は「100年先も誇れる森づくり」として、さくらおろち湖周辺で植樹によって

彩づくりをしていく計画ですが、植樹したときが完成ではなく、歳月を経て良好な景観が創出され

目先だけに捉われないことをコンセプトとした壮大な計画です。

 

植樹には19名の方にご参加いただき、心配していた雨も上がり少し肌寒い気候の中、記念植樹が

行われました。

植樹の木には、ササベザクラが選ばれ、それぞれの植樹には記念プレートが用意されました。

記念の内容には、館の創立30周年記念や、会の45周年記念、喜寿記念などがありました。

 

もうじき、雲南市では桜土手の桜が満開になります。

皆様の植えたこの桜も、桜土手の桜のようにやがて花を咲かせ綺麗な桜一色になるのが

待ち遠しいものです。

皆様の思いが詰まった記念植樹、無事に大きく成長しますように。