「さくらおろち湖の里山ボランティア~夏の畑で収穫体験」

7月4日、さくらおろち湖周辺で「土と野菜づくり」や「里山の森林保全」をテーマに体験活動が行われました。

松江市や出雲市から12人が参加。はじめに下布施農村体験施設を訪れ、参加者は施設内の農場を管理されている農事組合法人から野菜づくりの話を聞いたり、 収穫体験をしたりしました。

この農場では、多品種で珍しい野菜の栽培もしており、参加者からは、「知らない野菜を知り、おいしい野菜に出会えた」、「実際に現場を訪れ学ぶことができた」などと感想が寄せられました。