温泉地区尾原ダム周辺ウォーキングの集いが行われました。

3月15日(日)に初の試みとし、尾原ダム直下地域の温泉地区住民による、尾原ダム周辺ウォーキングが行われました。

参加者相互の交流をし、ダムに親しみ、愛着を深め、景観の素晴らしさを再認識し、地域の魅力を共有することを目的とし温泉地区地域自主組織「ダム湖の郷」が主催しました。

73名の参加者が尾原ダムボート競技施設を発着地とし、尾原ダムを周回するコース(歩行距離約4.5km)を思い思いのペースで楽しんでおられました。

当初の天気予報は雨でしたが、地域住民の思いが届いた様なウォーキング日和となりました。

参加者男女共に最高・最低年齢者には特別賞(卵5kg箱)を贈呈しており、最高年齢者の男性は85歳、女性は75歳。最低年齢者の男性は1歳、女性は5歳と幅広い年齢の参加者が集まり、地域ならではの参加賞や景品を用意し抽選会も行われました。