第5回さくらおろち湖祭り2014が開催されました。

平成26年10月19日(日)に雲南市と奥出雲町にまたがる、さくらおろち湖で「さくらおろち湖まつり2014」が開催されました。

 

当日は昨年と同様に雲一つない秋晴れになりました。気温もあがり暖かな陽気のなか3,300人の方が会場を訪れました。

主会場ではオープニングセレモニーが行われ、亀山実行委員長の「主催者あいさつ」に続き、速水雲南市長、勝田奥出雲町長が「自治体歓迎あいさつ」をされました。続いて来賓代表として出雲河川事務所・西副所長、島根県土木部斐伊川神戸川対策課・三上課長、島根県議会議員・山根成二議員より祝辞がありました。 また、来賓として飯南町西村副町長をはじめ、多くのご臨席のもと尾原ダムを通して流域圏を結ぶ水の縁への思いを深めました。

 

メイン会場の県ボート競技施設ではテント村が開設され、地元奥出雲町・雲南市を中心に松江市など上下流域から計16店舗の出店があり参加者は色々な食材に舌鼓をうちました。 ステージでは地元から仁多乃飛炎太鼓の演奏、同じく地元から槻之屋神楽の演技が行われたほか歌謡ショーやトランペット演奏がおこなわれ大盛況となりました。 このほか、会場横では松江シティFCによるサッカー交流会、ボートコースにおいてはシーカヤック体験やボート(レガッタ)体験が実施されました。 また、さくらおろち牧場においてはホースセラピー体験、ダムの見える牧場においては乳牛とのふれあい体験がおこなわれました。

 

来場者数

祭全体3,300人 

○ホースセラピー体験100人

○ダムの見える牧場への見学80人

○ 尾原ダム堤体見学300人

○シーカヤック体験44人

○ボート体験70人