出雲市の園児たちが遠足で尾原ダムを訪れました

9月5日(金)に出雲市の出東保育園とハマナス保育園の年長園児45人が遠足で尾原ダム周辺を訪れました。

当日は天気も良く、下布施にあるホースラピー施設ではブラッシングや乗馬体験などを通し、馬とふれあいました。この他、音楽会や尾原ダムの見学も行いました。

出東保育園の園児は宿泊し、翌6日(土)にはボートによる湖面巡視を行いました。

両日に渡り、とても楽しそうな園児の顔を見ることが出来ました。 雲南市では今後も出雲市や松江市の保育園や小学校に来てもらうように呼びかけ、交流を深めたいと考えています。