2013年度「神話の里さくらおろちの食べごと塾」~その2 古民家で味わう初秋の味覚

食を地域の宝として育てていく「神話の里さくらおろちの食べごと塾パート3」の第2回が、去る9月15日(日)、奥出雲町佐白の「前古市アトリエえん」で開催されました。

斐伊川中下流圏の松江市、出雲市、雲南市から25名が参加。

講師の酒井恭子さんの指導で、新米のおにぎり、若鶏の醤油糀漬け、きのこのホイル焼き、しいたけとトマトのマリネ、ミネストローネ、牛乳プリンの6品を調理しました。

きのこの風味を生かす工夫、軟水だから引き出せる野菜の旨み……といった話に耳を傾け、古民家の心地よさの中での食事は充実したものでした。次回は11月10日(日)、三沢地区で催します。