【夏野菜がもっと好きになる1日農家体験】2013年度さくらおろち湖の里山ボランティア~その2~

尾原ダム水源地域環境活動推進事業―――「さくらおろち湖の里山ボランティア2013」の第2回が、7月20日(土)に行われました。

テーマは「夏野菜がもっと好きになる1日農家体験」。斐伊川水系の下流域である松江市や出雲市を中心に遠くは広島市からも、親子連れや高齢のご夫婦など二十数名が、下布施にある農場で草刈りと収穫のボランティアを体験しました。

 

当日は夏の陽射しが照りつける猛暑日。

 

帽子と長袖で陽射しをカットしつつ、

野菜の根本の草取りを手で行います。

 

植わっているのは清涼飲料水の甘味料として知られるステビア、

そして「はじめて見た!こんな姿なんだ」

と驚く人も多かったアスパラガスです。

 

草取りが一段落した後は、

ハウス栽培されているトマトと子どもピーマンの収穫です。

 

完熟のトマトは甘さも味わいも格別で、

皆さん感嘆の声をあげながら

ハウスの暑さも忘れて楽しく獲られていました。

汗をかいた後は会場を移動して夏野菜をおいしく食べる料理の時間。

丸かじりで野性的に食べる。オリーブオイルで炒める。肉をまいて食べる。冷製スープにする。冷凍したものをスムージーで……。

いろいろな食べ方で夏野菜を満喫しました。

 

食事の後は、里山の農業についての講義です。

 

農地の果たしている多面的役割について、また自給的につくられた無農薬の野菜が子どもたちの給食の材料として供されている地域であることなどに、参加者は熱心に聞き入っていました。

 

アンケートによると参加者の動機は、「おいしい野菜を食べてみたくて」「無農薬野菜の作り方に興味があった」「里山の暮らしに興味があって」という3つがほとんど。 

 

感想には

「もっと草取りを頑張って役に立ちたかった」

「収穫した時に試食をしましたが、野菜の甘みが強く、濃厚でびっくりしました。おいしく作ろうと努力されていると感じました」

「秋にも是非参加したいと思いましたし、友だちにも紹介したいと思いました」

等、得るものも多く、満足度の高いボランティア体験となったようです。