2019年

2月

22日

クレスト点検見学講演会 出店店舗のご紹介

平成3132日(土)に開催する「尾原ダムクレスト点検見学講演会inさくらおろち湖」では、

当日、流域のグルメを中心とした出店ブースが会場内を賑わせます。

 

お食事はもちろんデザートなど、お腹を満たすお品がたくさん!

 

ぜひ皆様お買い求めくださいね♪

 

 

店名

出店内容

㈲キャロットハウス

尾原ダムカレー、奥出雲バーガー、奥出雲牛めし、

奥出雲チャーシューラーメン、からあげ玉

妻戸商店

焼きまんじゅう

道の駅 さくらの里きすき

焼きさば寿し、みかん、ペットボトル飲料 他

佐白温泉 長者の湯

ダムカレー、缶飲料

奥出雲食肉

焼肉(猪・鹿・牛)、フランクフルト、ステーキ

㈲田井産業

うんなんオロチの焼きタンタン、日生の焼き牡蠣

、唐辛子各種

ダムの見える牧場

シュークリーム

 

 

 

チラシの裏はコチラ

 

 

2019年

2月

19日

そば打ち交流会が行われました

平成31217日(日)雲南市主催による「そば打ち交流会」が温泉交流センターで行なわれました。

この「そば打ち交流会」は、斐伊川の下流域(松江市、出雲市)から参加者を募り、

斐伊川の上流域(雲南市)で採れたそば粉を用いて『斐伊川上下流交流』を行います。

 

また、尾原ダムを見学し、尾原ダムが治水及び利水に果たす役割や、

地域に開かれたダム周辺を知っていただくことを目的として実施されています。

 

 

当日は松江市から15名と出雲市から15名の合計30名が参加し、

地元にある『槻屋そば打ち同好会』の5名の講師に教わりながら、

尾原ダム周辺で採れたそば粉を使って二八蕎麦を打ちました。

 

慣れた手付きの方もいらっしゃれば、初めてそば打つ方、一生懸命お手伝いする子供さんなど参加された方は様々で、

『楽しみながら打っていたらあっという間に蕎麦が完成しました』とおっしゃる方もいました。

 

出来たての蕎麦はすぐに茹でられ、皆さんの元へと運ばれました。

自分で打った蕎麦は格別だったようで皆さんおかわりし、蕎麦と共に提供されたワカサギの天ぷらも楽しみました。

 

 

昼食の後は、尾原ダムへ。

ダムの役割や構造について尾原ダム管理支所の職員の方より説明を受けながらダムの見学を行いました。

間近で見るダムの迫力に皆さんびっくりされていたようです。

参加した方からは「尾原ダムを眺めに来たことはあったが、今日は見学しながら詳しい説明を聞けてとてもよかった」とおっしゃる方もいました。

 

 

次に、さくらおろち湖周辺にある牧場へ。

 

乳牛のいる『ダムの見える牧場』ではバターづくり体験、馬のいる『さくらおろち牧場』では馬とのふれあい体験を行いました。

さくらおろち牧場では馬の餌やりや宍道湖に生えているヨシを使ったヨシ壁の厩舎も見学し、

冬は暖かく夏は涼しいという特徴などの説明をうけました。

 

 

参加された皆さんには、そば打ちを通して楽しく交流していただき、尾原ダムの役割などを知っていただき、

ダムとして周辺地域の魅力を知っていただけたようです。

2019年

2月

13日

尾原ダムクレスト点検 見学・講演会開催のお知らせ

平成3132日(土)尾原ダムクレストゲートの点検に合わせ、

尾原ダム管理支所前広場をメイン会場に特別見学会を開催します!

 

普段は立ち入ることのできない272段もあるフーチング階段やクレストゲート近くにある階段、

ダムの内部の見学や、ダム見学が楽しくなる講演会も行われます。

 

また、流域のグルメを中心とした出店者による飲食コーナーも設置します。

流域のご当地キャラたちも集合し、ダンスステージで会場を盛り上げてくれます。

クレスト点検の際にしか見ることのできない迫力ある尾原ダムの姿を是非ご覧ください。

 

開催日:201932日(土)

時 間:10001500

場 所:尾原ダム/尾原ダム管理支所前広場

     (住所:島根県雲南市木次町平田211

 

【イベントスケジュール】

  1000~ 開場

  1100~ クレストゲート全開(1回目)

  1130~ 流域ご当地キャラによるダンスステージ(しまねっこがやってくる!)

  1200~ 宮島 咲氏ダム講演会

  1300~ クレストゲート全閉

  1330~ クレストゲート全開(2回目)

  1500   クレストゲート全閉 閉場

 

【当日限定の催し】

・フーチング階段登頂認定証配布(先着200 / シリアルナンバーなし)

・特製缶バッチ 子供限定100個配布

・ダムカレー販売(佐白温泉 長者の湯・㈲キャロットハウス)

・ブルーマンによるダム式バンザイと尾原ダム川柳

・尾原ダムのダムカードを持って遊びに行くと周辺施設で当日限定の特典があります

(ダムカードは当日会場で簡単なアンケートに答えるとゲットできます!)

・ダムグッズ販売

 

詳細はチラシをご覧下さいね。

 

 

チラシはこちら→ 表1  裏2

 

ご家族・ご友人お誘いの上お越しください スタッフ一同お待ちしております♪

 

 

【注意事項】

・天候により内容が変更となる場合があります。

・小雨によりダム貯水位が低いためクレストゲートから放流できない場合があります。

・クレストゲート近くの階段は、安全面等の理由からスカートやヒールのある靴でお越しの

方の見学をお断りさせていただきます。ご了承下さい。

 

 

 【尾原ダムへのアクセス】

 

●公共交通機関でお越しの場合

 

雲南市民バス(北原線)JR木次線木次駅前「JR木次駅」より乗車、「尾原ダム」で下車。

 

JR木次駅発 1003 、1203

 

・尾原ダム発 1118 、1259 、1603

 

 

●車でお越しの場合

 

・出雲/松江方面…【尾道松江線】三刀屋木次ICから国道314号を奥出雲方面へ約25分(約22 km)。

・関西/山陽方面…【尾道松江線】雲南吉田ICから県道、国道314号を経由し奥出雲町方面へ約30分(約22 km)。

             【尾道松江線】高野ICから国道432号を奥出雲町方面へ約30分(約25km)。

 

 

 お問い合わせ先★

【クレスト点検について】

国土交通省出雲河川事務所尾原ダム管理支所 0854-48-0780

 

 

【交流イベントについて】

NPO法人さくらおろち 0854-48-9050

 

 

2019年

2月

12日

第7回さくらおろち湖ウォーク大会参加者募集中!

平成31512日(日)さくらおろち湖ボート競技施設及び、さくらおろち湖周辺で開催される

『第7回さくらおろち湖ウォーク大会』では、現在参加者を募集しています!

 

平成の大蛇退治で誕生したさくらおろち湖。

ヤマタノオロチ伝説の地“さくらおろち湖周辺”を春の心地良い風を感じながらゆっくりと歩いてみませんか?

大会参加者には記念の参加賞があり、完走者には豚汁やおにぎりなどのおもてなしも♪

みなさんのご参加をお待ちしています!

 

 

■開催日:平成31512日(日)

 

■コ ス:①さくらおろち湖一周 + 神楽伝承館巡りコース(20.0km

         ②さくらおろち湖一周コース (12.5km)

           ③さくらおろち湖半周コース  (5.4km)

 

■集合場所:さくらおろち湖ボート競技施設 【スタート/ゴール】

         (住所:島根県雲南市木次町北原地内)

 

■参加費:一般 1,500

        18歳未満(高校生含む) 1,000

        小学生以下 無料

 

■申込期限:平成31425日(木)

 

 

 

大会チラシはこちら

 

■お問合せ先:さくらおろち湖ウォーク大会実行委員会事務局

          (NPO法人さくらおろち内)

         TEL / FAX0854-48-9050

         メール:sakuraorochiwalk@gmail.com

 

大会の情報はさくらおろち湖ウォーク大会のブログをご確認下さい。

2019年

2月

12日

島根県企業局森づくり事業 植樹が行われました

平成31210日(日)さくらおろち湖周辺にて、NPO法人さくらおろち主催によるカエデの植樹が行われました。

 

この植樹は、島根県企業局の源流地域保全支援事業の一環として、森林が持つ水源涵養(かんよう)機能を向上させるとともに、

水の大切さを理解してもらい、参加の場を設けることを目的に行われています。

 

水源涵養(かんよう)機能とは、大雨が降った時の急激な増水を抑え(洪水緩和)、しばらく雨が降らなくても

流水が途絶えないようにする(水質源貯留)など、水源山地から河川に流れ出る水量や時期に関わる機能です。

 

当日は雲南市内から417名の参加がありました。

まず、島根県企業局の職員さんによる水の大切さや、水を利用した水力発電など、

再生可能エネルギーの主要性についてお話を聞きました。

 

その後、さくらおろち湖周辺に50本のカエデの苗木を次々に植えていきます。

子供さんもスコップを使って土をかけたり、肥料となるヨシを撒いたりして一生懸命作業し、ご家族で楽しみながら植樹を行いました。

 

ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

 

 

将来、さくらおろち湖周辺が、カエデによって美しく彩られ、水が豊かな場所になるのを楽しみにしたいと思います。